人気ブログランキング |

コミュニケーションは心の会話

 言葉の意味のやり取りではない。理屈ではなく情の問題である。
 
 言葉というのは「文字」ではなくて「音声」である。
 
 しかし、コミュニケーションという立場からすれば、音声だけではない。
 
 音声だけでもある程度は心の動きは読めるが、会って言葉を交わすときは、言葉の抑揚、強弱、緩急、言葉の内容、それに顔の表情、手振り身振りなどその全てでコミュニケーションができる。
 
 コミュニケーションは心が通ってこそ、今日会って話してよかったと満足する。
 
 互いに相手の目どころか、顔すらもまともに見ず、相手の表情も読まないで、心のこもらない言葉が飛び交うとしたら、こんな虚しいことはない。
 
 正しいことを言うだけでは本当の意味でのコミュニケーションにはならない。それは意見交換でしかない。
 
 くすっと思わず笑いがこぼれるとか、涙が滲むような上質の笑いこそである。
 
 職場で仕事ができることと、個人生活で人間関係が幸せであることとは全く別である。相反することすらある。
 
 コミュニケーションがうまくいかないことの原因の一つは、「例え話が理解できない」つまり、その例え話を一般化して理解することができない。
 
 例としてあげた具体的な話に固執して、他にもたくさんある本質的に同じことがイメージできなくて話がややこしくなる。
 
 ちょっとした冗談が通じない。言葉を文字通りに受け取って真面目な言葉しか返ってこない。
 
 顔は笑っていても、心は少しも笑っていない。笑いあえる言葉がない。感動しない。共感しない。意外性のある言葉がない。言葉遊びができない。
 
 相手のことには関心がなく相手に話のきっかけを与えない。相手が興味ありそうなことを探る試みをしない。口を開けば自分のことばかりで世間話ができない。

by Gonchan2019 | 2021-05-05 03:26 | コミュニケーション力 | Comments(0)

日々心に浮かんだことを短い文章にしていますが、今は言葉と心とコミュニケーションにとても興味があります。


by Gonchan2019
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31